ConcertJOHO.com

コンサート情報.com

アーティストたちによる登録制コンサート情報PRサイト

神戸市室内合奏団~日本酒とクラシック音楽の宴~神戸国際フルート音楽祭(室内楽)

日時 05/13(土)14:00開演
会場 神戸酒心館ホール(神戸市東灘区)
Google Map

神戸市東灘区御影塚町1-9-17/阪神電車「石屋川駅」・市バス45系統「御影本町7」停留所よりそれぞれ徒歩8分
チケット
3/1発売
一般/前売2,000円(当日2,500円) 神戸音楽友の会・神戸文化ホール友の会 1,800円学生

『福寿』ウェルカム日本酒付き

予約・お問合せ 神戸文化ホールプレイガイド:078-351-3349
ローソンチケット:0570-084-005(Lコード:57768)
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:324-871)

(公財)神戸市民文化振興財団
演奏部 TEL.078-361-7241

神戸フルートソサエティ
kfs@kobeflute.com

株式会社酒心館
078-841-1121
info@shushinkan.co.jp
主催 (公財)神戸市民文化振興財団
共催 神戸フルートソサエティ
企画制作 Music Inc.
協力 株式会社神戸酒心館
プログラム 【ハイドン】
弦楽四重奏曲第67番 ニ長調「ひばり」Op.64 No.5 Hob.3-63

【モーツァルト】
フルート四重奏曲 第1番 ニ長調 K.285

【ベートーヴェン】
弦楽四重奏曲第4番 ハ短調 Op.18 No.4

出演者 神戸市室内合奏団
Violin:井上隆平
Violin:谷口朋子
Viola:中島悦子
Cello:山本彩子

神戸フルートソサエティ
Flute:陶器香帆

ナビゲーター
南出卓
オフィシャルサイト (公財)神戸市民文化振興財団演奏部

神戸フルートソサエティ
神戸室内合奏団、神戸フルートソサエティ

神戸国際フルート音楽祭~日本酒とクラシック音楽の宴~
神戸市室内合奏団の弦楽四重奏メンバーによる
日本酒とクラシック音楽のコラボレーション
(トークショー&利き酒会付き)


神戸市室内合奏団
1981年、神戸市によって設立された神戸市室内合奏団は、実力派の弦楽器奏者たちによって組織され、神戸、大阪、東京などを中心に、質の高いアンサンブル活動を30数年に亘って展開している。弦楽合奏を主体としながらも、管楽器群を加えた室内管弦楽団としての活動も活発で、バロックから近現代までの幅広い演奏レパートリーのほか、埋もれた興味深い作品も意欲的に取り上げてきた。また、定期演奏会以外にもクラシック音楽普及のための様々な公演活動を精力的に行っている。

1998年、巨匠ゲルハルト・ボッセを音楽監督に迎えてからの14年間で、演奏能力並びに芸術的水準は飛躍的な発展を遂げ、日本を代表する室内合奏団へと成長した。毎年のシーズンプログラムは充実した内容の魅力あふれる選曲で各方面からの注目を集め、説得力ある演奏は高い評価を受けている。 内外の第一線で活躍するソリストたちとの共演も多く、2011年3月の定期演奏会でのボッセ指揮によるJ.S.バッハ「ブランデンブルク協奏曲全6曲」の名演はCDとして、2011年6月のメンデルスゾーン交響曲第3番「スコットランド」他がLPとしてリリースされている。 また、2011年9月にはドイツのヴェストファーレンクラシックスからの招聘を受けてドイツ公演を行い、大成功を収めている。

2013年度からは、日本のアンサンブル界を牽引する岡山潔が音楽監督に就任し、ボッセ前音楽監督の高い理念を引き継ぎ、合奏団のさらなる音楽的発展を目指して、新たな活動を展開している。



神戸フルートソサエティ
神戸フルートソサエティは関西を拠点に活動する若手フルート奏者たちの長期的かつ安定した独自の演奏活動環境の構築を目標に、神戸出身の音楽プロデューサー南出卓により2015年に設立されました。プロ、そしてプロを目指す若手フルート奏者の演奏活動への支援と協力、そして神戸フルートソサエティ主催による会員のための定期公演の開催を通じ、神戸を中心に若手フルート奏者の活動の活性化を目指しています。



陶器香帆/フルーティスト
大阪芸術大学演奏学科管弦打コース卒業。卒業時、研究室賞を受賞。 同大学卒業演奏会、第32回ヤマハ管楽器新人演奏会に出演。 2015年W.A.モーツァルト作曲フルート協奏曲第1番ト長調を、2016年にはC.シュターミッツ作曲フルート協奏曲 作品29のソリストとしてオーケストラと共演。 第36回関西音楽大学協会主催アンサンブルの夕べに出演。2014年MusicAlp夏期国際音楽アカデミーに参加、フランスにてV.リュカ、上野星矢両氏のクラスを修了。 A.オリヴァのマスタークラスを受講。これまでに待永望、神田寛明に師事。現在、大阪芸術大学大学院博士前期課程1年在籍。Epicusフルートデュオ&アンサンブルメンバー。



南出卓/トークショーナビゲーター
1977年神戸に生まれる。13歳で渡英し英国王立ウェールズ音楽演劇大学を卒業。在学中よりコンサートの企画・出演や室内楽グループのプロデュース、舞台音楽の作曲などでイギリス国内をはじめヨーロッパ各地で公演を開催。2005年に拠点を日本に移しインド・ムンバイのNCPA交響楽団(現インド交響楽団)の設立や西カザフスタンフィルハーモニー管弦楽団の運営、日本国内の国際音楽祭、コンクールや公演の企画制作運営を行う。そのほか英国王立ウェールズ音楽演劇大学マーケティング首席顧問、英国王立ノーザン音楽院日本・韓国代表、昭和音楽大学等の音楽教育機関でも活動してきた。2007年に女子弦楽四重奏団Bloom Quartetを結成、2年後に女子弦楽アンサンブルBloom Quartet & Ensembleプロデューサー兼芸術監督に就任。2011年東日本大震災をうけ『東北こどもオーケストラ』を企画、福島県郡山市に『東北こどもオーケストラin郡山』を結成、音楽監督に就任。2015年にフルートデュオ&アンサンブルEpicus、そして神戸フルートソサエティを発足し若手演奏家の育成とプロデュースをしている。神戸市立小磯記念美術館マンスリーコンサート総合プロデューサー。

神戸室内合奏団、神戸フルートソサエティ